コース案内

本コースの歴史

本コースの歴史は古く、そのルーツは愛媛大学創立の昭和24年(1949年)5月にまでさかのぼります。
このとき、工学部では機械工学科、電気工学科、鉱山工学科に加えて、冶金学科が設立されました。これは瀬戸内海沿岸を中心に、多くの鉱山(例えば、愛媛県別子銅山)や鉄鋼所、非鉄金属製・精錬所や工業地帯が存在していることに関連しています。そののち冶金学科は、金属工学科、材料工学科と改称と改組を経て、平成8年に機能材料工学科が発足しました。中四国地区の国立大学のなかで、冶金・金属分野から発展してきた唯一の物質・材料系学科です。そして、平成31年4月、工学部が工学科(1学科制)に改組されたことに伴って、工学科内の1つのコースとして「材料デザイン工学コース」が誕生しました。
かつては材料と言えば金属のことを意味していましたが、現在の材料とは金属のみならず、セラミックスやガラスなどの無機材料や有機・高分子材料を含む幅広い物質を意味しています。本コースにおいても、金属のみならず多様な機能材料(半導体、透明導電体、超伝導体、フォトニクス材料、太陽電池、生体・医用材料、磁性材料、高感度センサ材料など)の研究と教育を行っています。

材料デザイン工学とは

“新しい材料を探す旅へ!”

材料はすべてを支える大地のようなものです。培われた肥沃な大地には実りが多いでしょう。材料は常に新しい時代を切り拓いてきました。先端分野や未踏分野のいずれにおいても新しい材料が必要となります。材料の歴史は長く、関連する学問分野が多様であり、その面白さや奥深さを理解できるようになるには少し時間がかかるかもしれません。まず「材料デザイン工学」(Materials Design Engineering)の全体像(アウトライン)を理解し、それから自分が興味を持った材料の分野にじっくりと深化しましょう。

これまでの材料工学は、材料が原子、イオン、電子から構成されていることを理解し、作られた材料がどのような応用に使われるのかを考えていくものでした。しかし、これからの材料デザイン工学は、新しい応用を見据えて、その応用を実現するために「最適な材料とは何か?」を考え、デザイン思考に基づき効率よく、革新的な材料を開発していくことになります。そのときに闇雲に試行錯誤を繰り返すのではありません。

あわてず、なまけず、コツコツと。
より詳しいイントロダクションはこちら

カリキュラム

  • カリキュラムについて

    1年生では工学科共通科目を受講し、幅広い知識を身につけます。コース配属後 は、物質の物理的・化学的な性質を学びます。その後、これらの性質を応用して材料 をデザインするための方法を講義・実験・実習・演習を通して習得します。

  • 新入生のカリキュラムについて

    初年次は工学部における学びの中で、共通科目に属する講義を受講します。工学理論の基礎となる微積分や線形代数などの数学、化学や物理の基礎、そしてこれらの基礎科目が、「工学」とどのようにつながるのかを学んでいきます。
    また、技術情報を伝達するための工学コミュニケーション科目や、工学の基礎知識を、実体験を通して学ぶ実験科目もあります。2年次から始まる工学の専門分野の学びの基礎となる入門科目がたくさん用意されており、学生が自由にこれらの科目を選択して学べるようになっています。

    ※1年生は共通教育カリキュラムとして、「英語」「情報リテラシー入門」「日本語リテラシー入門」「愛媛学と社会力入門」「こころと健康」「スポーツ」があります。 詳しくは本学共通教育センターHP>共通教育カリキュラムをご覧下さい。

  • 2年次のカリキュラムについて

    2年次からはいよいよ専門科目です。私達の材料デザイン工学コースに配属された学生は、この時期から、材料開発のための知識と経験を積んでいきます。材料の基本は「構造・組織(組成)・特性」です。まず、結晶中の原子の配列や相変化、これらが集まってできるミクロ組織について学びます。同じ化学式で書かれる物質も、構造や組織が変われば全く違う性質を持つことがあります。また、2年次からは科学技術に特有の英語についての講義が始まります。その他に、材料開発の基礎となる化学や物理の基礎実験も行います。

  • 3年次のカリキュラムについて

    3年次では材料の特性について学びます。材料の特性といっても多様で、材料の強度などの力学特性、電気特性、磁気特性、光学特性などに関して学びます。構造や組織を制御して、材料からどのような特性を引き出すかが「材料デザイン」の醍醐味と言えます。3年次には工学的な課題に取り組む実践学習であるPBL科目も並行して受講します。さらに、3年次後半からは、研究室に仮配属され、卒業論文研究の準備を始め、先輩学生と実際に実験などをすすめていきます。

  • 4年次のカリキュラムについて

    4年次からは正式に研究室に所属して、自分の力で卒業論文研究を行っていきます。それまでやってきた基礎実験とは違って、まだ誰もやったことのない未知の世界に挑むことになります。ひょっとして大発見があるかも。最終的には研究成果を卒業論文にまとめて発表します。そして、卒業証書を授与された学生は、エンジニアとして社会に飛び立っていく人、大学院に進学してさらに研究を極める人、さまざまな人生を歩んでいくのです。

キャップストーンの実施について

キャップストーンプロジェクト

機能材料工学科では平成27年からキャップストーンプロジェクトを実施しています。キャップストーンプロジェクトでは、最終学年の学生がチームを組んで企業や社会が抱えている問題の解決に挑戦します。工学部を卒業した学生のほとんどは技術者として社会に出ていきます。技術者の仕事は専門的な知識や経験を活かし、さらに他の分野の技術者と共同しながら技術的な問題を解決することです。したがって、キャップストーンプロジェクトでは、企業の技術者からアドバイスを受けながら、問題解決のための方法を導き出していきます。
※キャップストーン:そもそもはピラミッドの頂上にのる石のことを意味する。大学や大学院で学んだ総仕上げとして実施されるプログラムで、具体的には、在学中に学んだ内容を活用し、社会の現実的な問題に適用して解決方策を探る実践的なプログラムである。
協力企業
株式会社タケチ(伊予市)
(平成27年) 
大和工業株式会社(兵庫県姫路市)
(平成30年)
株式会社総合開発(香川県観音寺市)
(平成28〜29年)
三和ハイドロテック株式会社(大阪府吹田市)
(平成30年〜)
愛媛県窯業技術センター(松山市)
(平成29年)