研究テーマ・研究室

材料スコープ工学 研究室 – 研究テーマ・研究室

材料スコープ工学 研究室
研究室紹介

  • 福島第一原子力発電所事故に対応した
    新しい放射性廃棄物固化ガラスの評価
担当教員
武部 博倫 教授
  • 専門分野 : 非鉄製錬学、非晶質材料学
  • 主な担当講義科目 : 工学リテラシーⅠ、材料デザイン工学入門、無機材料学、材料物理化学Ⅱ、材料界面工学
  • 令和4年度 業務担当 : 平成30年度入学生(前半)学生生活担当教員、紙産業イノベーションセンター運営委員会委員、愛媛大学SDGs推進室室員

 



 

新しい材料は次の時代を拓くものです。仮説を立て検証しながら、新しい機能材料を自分たちの手で開発しましょう。 材料を作るプロセスにこだわり、組成-(微視的)構造-特性の視点からアプローチしながら。 我々の研究グループでは、循環型社会における新しい機能材料の開発と資源リサイクル並びに材料の視点からの環境工学への貢献を目指しています。

 

西岡 宣泰 助教
  • 専門分野 : 非鉄製錬学、非晶質材料学、精密加工学
  • 主な担当講義科目 : 微分方程式Iおよび同演習、新入生セミナーB、物理学実験
  • 令和4年度 業務担当 : 情報セキュリティ委員

 



 

 

関連サイトURL